• ノートック 学生

消えゆく灯。新たな光


2022年9月29日。この日、ひとつの時代が幕を閉じた。




私の名はマルコ。私は今日「終わり」を見た。

この記憶を後世に伝えるべくここに記録していこうと思う。



CHAPTER.1 伝説の終わり


四役の引退。それはノートックメンバーに大きな衝撃を与えた。


物事には必ず「終わり」が来る。それはノートックでも例外ではない。

しかしその事実はメンバーを先の見えない暗闇へと突き落とした。

先の見えない恐怖に震える者。訳も分からず泣き叫ぶ者。

着々と、それでいて確実にメンバーの体を「終わり」が蝕(むしば)んでいた。

そこは既に言葉通りの「地獄」と化していた。

もう無理だ、諦めよう。誰もが口を揃えてそう言った。

しかしそこへ希望の光をもたらす者が現れた。


CHAPTER.2新時代


その時は突然やってきた。

れんこんが新代表に名乗りを上げ、次々と暗闇からメンバーを救っていったのだ!!

新代表の勢いは凄まじくメンバーの中から新四役に立候補する者まで現れた。

あきのりチャンよるの三人だ。

三人はそれぞれ本部長リーダー長会計の役職についた。

そしてついに、新四役はメンバー全員を救いだす事に成功し、こう言った。


ノートックは俺達が守る!!




2022年9月29日。この日、ひとつの時代が幕を開けた。

閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示