• ノートック 学生

第2回! 寝たら即帰宅の旅 後編

みんなやっほ~!

シメだよ!


前回のブログの続きやってくね~!

まだ前回のブログ書いていない人はそっちを見てから来てね!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9/4 6:00 キャンプ場


3人の脱落者を生んだ夜も明け、爽やかな朝がやってきた。。。


残った3人はまだ余裕そうな表情を見せていた!


目がガンガンに冴えているワドルディ。なんやかんやあって罰ゲームで水と傘を常時持たされている

朝ごはんはホットサンドメーカーを使ってホットサンドを作ったよ!

チーズとかウインナーとかを入れて作ったらめっちゃおいしかった!



ホットサンド、ばりうまい

お腹もいっぱいになったら、みんなでテントを片付けて、次の目的地へれっつご~!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9/4 9:00 永平寺


次にみんなが向かったのは、永平寺というお寺!

すごくおっきくて立派なお寺なんだけど、ここでは座禅の体験ができるんだ!





みんなは座禅したことある?シメさばは初めてだったから、楽しみだったんだけど、寝ちゃわないかが心配・・・


ドキドキしていると、ついに座禅の時間が始まった!


いろいろな作法をお坊さんに教えてもらったあとに、座禅をする部屋に案内される・・・

ここからは話すことは許されない。そしてもちろん寝ることも許されない。



みんなで壁を向いた状態で座禅を行う。心をにして行わなければならないが、

無にしようと思うと色々考え出してしまうもの。


壁の木目の数とか、お坊さん近く歩いてるなぁとか。

シメさばはこういうとき、どんどん色々考えちゃうタイプです。



そして更に時間が経つと、今度は眠気がやってくる。

ふらふらする体を頑張って支えながら、(あとどれくらい続くのかなぁ)と考えてました。全然心を無にできていません。



この座禅がいつまで続くのかというと、初めにつけたお線香が消えるまで。約40分。。。


なんとか耐えきったけど、ほぼ死にかけでした。


みんなは座禅体験するときは、よく寝てから行くようにしようね!



そのあとは、永平寺の中を見て回ったよ!

すごく大きなお寺で、見るところもいっぱいあるから、みんなもぜひ行ってみてね!







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9/4 12:00 お昼ごはん


お昼ごはんは永平寺のそばにあるそば屋さんにいったよ!(激ウマギャグ)


「永平寺そば 極」って名前のお店だったんだけど、やっぱ「」って響きいいよね!

おろしの辛さがいい感じでおいしかった!この年になってそばの美味しさに気づいたシメさばです。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9/4 14:00 機織り体験


お昼を食べたあとは、「はたや記念館ゆめおーれ勝山」ってところで機織りの体験をしたよ!




人生で初めての機織り!きれいに作るのは難しいけど、すごく楽しかったよ!!


さて、シメさばたちは何をつくったでしょう?























正解は。。。。。

コースター」でした!!


みんなとってもかわいいのをつくってました!








みんなもぜひ機織り体験してみてね!!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

移動中


わたがしの車に乗っていたシメさば。

眠気の限界が迫っていた。


そして、ついに、

1枚目の仮眠券を使用してしまった!


アラームをしっかりとセットして、、、

爆睡!!!



たった20分の睡眠でも、めちゃくちゃすっきりしました。

。。。起きれてよかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


9/4 18:00 晩ごはん


機織りに夢中になっていたら、もう晩御飯の時間!!

晩御飯は、「魚心」っていうお寿司屋さんに行ったよ!


このお店は何回か行ったことがあるんだけど、美味しいお寿司が食べれるんだ~!




「シメさば」は「えんがわ」が好きです






やっぱりお寿司はサイコーだね!

ついつい食べ過ぎちゃう!


お腹もふくれて。。。眠気が。。。MAX。。。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9/4 19:00 ホテル


昨日はテント泊だったけど、今日は「ゆ楽」というホテルに泊まったよ!



お風呂に入ってみんなさっぱり!


みんなでわいわいおしゃべりしながら夜を迎えた。。。


辛いラーメンの食べ比べとかしました。辛ラーメンはうまいね


みんなで仲良くお話をしていると。。。。


ワドルディが突然

仮眠券かけてじゃんけんしよ



正直、仮眠券は失いたくない、、、、


しかし、勝てばワドルディの仮眠券を3枚ゲットできる。。。。


漢なら、勝負するしかない!!!




さーいしょはグー!!


じゃんけん


ポン!!!









........敗北....




これで、俺の仮眠券はなくなった。。。



もう、寝ることはできない。。。。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9/5 1:00 消灯タイム




そして訪れた、最後の消灯タイム。



ここで、ワドルディ仮眠券を1枚使った

ワドルディは20分寝ることができる。


ワドルディはしっかりとアラームをセットし、消灯タイムスタート!!



.

.

.

.

.

.


20分が経過し、ワドルディのアラームが鳴る。

しかし、ワドルディがアラームを止めない。



全員に緊張が走る。

そしてカウントが始まる。


5..4...3....2.....1.........



ワドルディ、脱落



せっかく仮眠券を集めたのに、1枚だけ使って帰宅になってしまった。



さよなら、ワドルディ



残ったのはシメさばとれんこん。


残りの消灯タイムが始まる。






寝ないよ..う..に...腕を....あ.......げ.............






あれ??


気づいたら、セツコとれんこんが俺を見てる。


「シメちゃん、腕降りてませんでした?」

セツコが言った。



頭が回らない。何が起きたんだ?


...まさか、寝てしまったのか?いや、そんなはずはない。

一応確認のため


「カウントは?」とセツコに聞いた。



セツコは

もう終わってますよ



どうやら寝てしまったらしい。


僕の記録は

9/3 9:00 ~9/5 2:15



あと5時間だった。



ここでシメさばは帰宅。




残るれんこんは、、、、、、





なんと、、、、、、







完走!!!!!



7:00まで耐え抜いたらしい。すごすぎる。





生き残ったれんこんと本部 すごいね


こうして、僕たちの戦いは終わりました。


この戦いから得られる教訓は、

旅行のときはしっかり寝たほうがよいということです。




みんなは真似しないでね!!!!



おわり。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月29日。この日、ひとつの時代が幕を閉じた。 私の名はマルコ。私は今日「終わり」を見た。 この記憶を後世に伝えるべくここに記録していこうと思う。 CHAPTER.1 「伝説の終わり」 四役の引退。それはノートックメンバーに大きな衝撃を与えた。 物事には必ず「終わり」が来る。それはノートックでも例外ではない。 しかしその事実はメンバーを先の見えない暗闇へと突き落とした。 先の見えない恐怖